体の内側からも日焼け対策ができる?

体の内側からも日焼け対策ができる?定番の日焼け対策も併せて

みなさんはいつ頃から日焼け止めを使い始めますか?私は春先から使っています「まだ日差しがそれ程強くないのに?」と思われるかもしれませんが、紫外線の量は春先から増えるらしいのです。「今年は絶対に焼かない!」と思う人は、夏になる前から対策を練っておいたほうが良いでしょう。

 

■食べることで日焼け対策ができる?

 

以外にも、食事を摂ることでも日焼け対策を行うことができるそうです。即効性があるわけでも、劇的な効果が期待できるわけでもないそうです。しかし、少し意識しておくことで、他の日焼け対策との相乗効果も望めるかもしれませんね。

 

日焼け対策に期待が持てる栄養素としては、ビタミンA,ビタミンC,ビタミンEがあげられるそうです。これらは美肌を作るにも必要な栄養素ですね。美肌を作るためだけではなく、紫外線による影響を和らげる働きもしてくれる働き者な栄養素です。

 

レモンなどにに多く含まれるビタミンCは、特に期待が持てるそう。シミやそばかすなどお肌の敵となるメラニン色素の生成をを抑えてくれるそうです。

 

このビタミンA,C,Eを豊富に含んでいる野菜がトマトになります。夏はトマトが美味しい季節ですが、やはり季節のものというのは摂る意味があったのですね。トマトは抗酸化作用もあり、アンチエイジング効果も期待できるので、積極的に摂りたいものです。

 

■定番の日焼け対策。日焼け止めと日焼けグッズはどちらを使うべき?

 

答えは「両方」です。例え日傘を差していれば、暑さも遮断できるし、問題ないように思えます。けれども、空から降り注ぐ紫外線は地面にぶつかって跳ね返ります。そのため、日傘を差して、上から守るだけでは不十分なのだそう。意外なところが焼けてしまうのは、これが原因かもしれません。

 

そして、日焼け止めだけでも頼りないですね。お肌は日焼け止めで守ることができるかもしれません。最近はウォータープルーフのものも多いので、確かに汗をかいても、手を洗っても大丈夫ではあります。

 

しかし、目はどうでしょうか?さすがに日焼け止めを塗ることはできません。目を守るのに一番良いのは、やっぱりサングラス。目に入る紫外線の9割を防げるそうですよ。レンズの色の濃さよりも、紫外線カットの加工がされているかどうかを基準に選んだほうが良いみたいですね。

 

今までは日焼け止めとグッズが主流でしたが、「食べて日焼け対策をする」という第3の方法も取り入れたいですね。トマトを中心とした夏野菜で、私も今年こそは美白を心掛けたいと思います!